秋の乾燥

涼しくなり始める秋は、気温の変化による肌へのダメージを受けやすい季節です。夏のような肌へのべたつきがなくなる反面、急に肌の乾燥を感じやすくなります。

◆秋の乾燥肌の原因◆

①夏の紫外線ダメージが影響して、乾燥肌になってしまう
②季節の変わり目で寒暖差が激しくなり、肌にストレスがかかることで乾燥肌に
③湿度が低くなり始め、肌のバリア力も低下して乾燥してしまう

冬は1番深刻・・・

1年で最も乾燥する季節で、かさつきやキメの乱れなど、肌トラブルが起きやすくなります。

◆冬の乾燥肌の原因◆

①肌の水分が減少

気温と湿度がぐんと下がり、お肌の皮脂分泌も少なくなり、肌の中の水分も減ってしまいカラカラ肌に・・・

②暖房の影響

室内の暖房によって乾燥しやすい状態に。外の湿度との差が激しくなることで、お肌の水分がより奪われやすくなる

③体や肌の冷え

体が冷え血行が悪くなると、肌の働きも悪くなり乾燥しやすい肌に。お肌の働きが悪くなることで、栄養や水分が届きにくくなってしまう。

30代、40代、50代と年齢を重ねると、お肌の老化でより乾燥しやすい肌になってしまいます。
そのため、冬はエイジングケア世代の方にとってはより注意が必要です!

どうやって秋冬の乾燥肌を乗り越えればいいの?

◆しっかり保湿ケア

化粧水や乳液を使って、肌表面の角層をしっかりうるおわせることや、クリームで肌の生まれ変わりを順調にすること。 かさつきが気になる部分には、化粧水をたっぷり含ませたコットンマスクを5分ほど行うと効果的です。

◆血行促進

寒さにより血液のめぐりが悪くなっていますので、血行促進してくれるアイテムがおすすめ。
・血行をよくするマッサージ
・炭酸系のアイテムをプラスする など

◆内側からも乾燥対策を

外からだけでなく、内側からの乾燥対策も必須です。

この季節はとにかく肌を乾燥させないように気をつけましょう。 いつもより保湿効果の高いアイテムでお手入れしたり、加湿器で空気の乾燥を防ぐのもいいですね

ワンポイントアドバイス

◎洗顔はぬるま湯で

寒い冬はお湯で洗顔しがちですが、熱いお湯で洗うと必要な皮脂まで取りすぎ、つっぱりの原因となりますので注意しましょう。

◎入浴後すぐに保湿

洗顔後や入浴後の肌は放っておくと水分がどんどん失われてしまいます。できるだけ早く、保湿ケアを行いましょう。

◎水分補給

冬は、喉の渇きを感じにくくなっていますので、この時期の、皮膚の乾燥の原因のひとつに、水分の摂取不足が考えられます。皮膚の乾燥を感じるときには、夏のように積極的に水分を補給しましょう。