シミが出来る原因は?どうして肌がくすむの?

シミとは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものです。
シミの多くは紫外線に当たることが原因で発生します。
それ以外にも、ホルモンバランスの乱れによって発生する「肝班」や遺伝性の「そばかす」、皮膚の炎症跡から起こるシミもありますよ。いずれのシミも、紫外線に当たると悪化してしまうと言われています。
また、くすみとは、一般的に肌の透明感や明るさが失われて、暗くくすんで見える状態です。
メラニンの蓄積、血液循環不良、乾燥、皮膚表面の汚れなどによって、くすみが起こります。

紫外線ケアは夏だけ?それでは防ぎきれません!

シミ・くすみの原因になる紫外線は、1年中降り注いでいます。
日焼け止めは夏だけ…という方、日焼け止めを塗っていない時期は紫外線を肌に直接浴びてしまっていますよ!
紫外線ケアは1年中必要です。
さらに春先からは、紫外線の量がぐんぐん上昇するため、特に注意が必要ですよ。

地上に届く紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があります。
UV-Aは生活紫外線とも呼ばれています。
知らないうちに肌の奥まで入り込み、長時間かけて弾力を失わせてしまいます。
UV-Bはレジャー紫外線とも呼ばれています。
メラニンを作る工場であるメラノサイトを刺激し、メラニン生成を促してしまいます。

どちらの紫外線もシミ・くすみの大敵です。
紫外線をブロックすることが、シミ・くすみ対策の第一歩です!

しみ・くすみを食い止めたい!

①家から出る前に顔・全身に日焼け止め

皆さんはいつ日焼け止めを塗っていますか?
ちょっとゴミ出しへ…そんな数分の外出でも、紫外線は降り注いでいます!
外に出る際には、顔・全身にしっかり日焼け止めを塗りましょう。
日焼け止めは、顔用と全身用を分けて使用した方が、肌にやさしくおすすめです。

②美白スキンケアでお手入れ

シミ・くすみ対策には美白有効成分配合の化粧品の使用が効果的です。
美白化粧品にはメラニンの生成を抑えたり、出来てしまったメラニンを還元する働きがあります。
化粧水・乳液・クリームを美白化粧品に変更、もしくは現在のお手入れに美容液をプラスしてみましょう。

③ビタミン類で内側からの美白を

特にビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2といった成分は、メラニン生成を抑制してくれるので、積極的に摂取することがおすすめです。
ビタミンB6も皮膚の再生を促進してくれるので、おすすめですね。
ただ、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6は身体に溜めておくことができない成分の為、継続して摂取することが重要です!

ワンポイントアドバイス

・日焼け止めをムラなく塗ろう

まんべんなく均一に塗ることで、しっかり日焼け止めの効果を発揮させましょう!
腕や脚に塗る際は、肌の上に直接、線上に出し、手のひら全体で大きく円を描くようになじませて下さいね。
顔に塗る際は、手のひらに適量を出し、顔の5点に置いて、顔の隅々まで馴染ませて下さい。 首や手の甲にも忘れずに塗りましょう。

・ポイントメイクは専用リムーバーを

摩擦がシミ・くすみの原因になります。
特に擦りがちな目元、口元のメイクオフは、専用リムーバーでやさしく落としましょう。

・ぬるめのお湯でゆったり入浴

入浴は血行を促進し、肌のターンオーバーを促します。
また、ストレスの軽減にも繋がるので、シミ・くすみの起こりにくい状態にしてくれますよ。