PMSって…?

「月経前症候群」といい、月経の2週間から1週間前後よりはじまり、月経開始と共に消失する一連の身体的・精神的症状を示す症候群のことを示します。
実際に病院で診断を受ける例は、特に重く生活に支障を来たす場合に受けますが、女性には少なからずある大変な期間です。

※症状を和らげるためには、栄養改善と定期的な運動が推奨されています。

PMSのメカニズム

月経(生理)と関係があることを前提として、 人によって大きく症状が異なるPMS。

実はその原因は、はっきりと分かっていないのです。

月経周期が28日の女性の場合、排卵が起きるのは月経(生理)が始まる14日前です。

この排卵を境に、黄体期に、急激に変動する2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が影響して、PMSを引き起しているという一説があります。

主な症状

大きく分けて、精神的なものと肉体的なものに分かれます。(※一例です)

■肉体的症状

・下腹部膨満感

・むくみ

・足が重い

・めまい

・便秘、下痢

・寝ても寝ても眠い

・頭痛、腰痛

・体重増加

・ニキビ(肌荒れ)

・食欲亢進

・気持ち悪くなる

・寝れない

■精神的症状

・怒りやすい

・判断力・集中力低下

・孤独感

・パニック

・気力が続かない

・悪夢を見る

・憂鬱になる

・無気力

・疲れやすい

・妄想症

・涙もろくなる

・異性に対してのみ攻撃的になる

知っておきたい食事の注意

食欲増進!イライラもする!・・・血糖値をゆっくりあげよう!

①急激に血糖値が上がる食品を避ける!

→チョコレート・砂糖・ケーキなどの単一炭水化物が含まれるもの

②ゆっくり消化し、ゆっくり血糖値を上げられる食品を選ぼう!

→穀物類・豆類・いも類など複合炭水化物を含むもの

③1日に4~6回に分けて食事をするのも◎

 

情緒不安定になる…刺激物を避けよう!ホルモンバランスを整える食品を摂ろう!

①カフェインを避ける

→コーヒー・紅茶・緑茶・栄養ドリンクなど

②情緒不安定を和らげるには、ビタミンB6・カルシウム・マグネシウム!

→かつお・レバー・ナッツ類・海藻類など

③女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン

→大豆・豆腐・納豆・豆乳など

④神経伝達物質の代謝に関与しているビタミンE!

→ブロッコリー・アーモンドなど

頭痛・腰痛・むくみがすごい・・・塩分やアルコールを控える!利尿作用のある食品を摂ろう!

①利尿作用のあるビタミンE

→乾燥豆・木の実など

②塩分やアルコールは控えましょう

→お酢で味付けをしたり、お醤油をポン酢に変えるなど