クッションファンデーションのいいところ

□ 下地なしでもOK
□ 保湿力が高い
□ 自然なツヤ感
□ リキッドより軽い使用感で、素肌感が残る

基本の使用量

パフをクッションに軽く1回押しつける。(顔半分の目安)
※カバーしたい部分は重ねづけしましょう。

クッションファンデーションの鉄則

①押しつけすぎに注意!

量が多すぎるとムラ・化粧崩れの原因に。
軽ーく1回押さえるだけで半顔分、十分使えます。

②スタンプ付け

パウダーファンデーションのようにすべらせるとムラ・厚塗りの原因になります。スタンプのようにポンポンと付けましょう。

③パフは清潔に

特にクッション・エマルジョンタイプはパフについたファンデーションがムラの原因になりやすいです。
使った後はティッシュで軽く拭き取り、1週間に1回はパフを洗いましょう

基本の塗り方

頬やあご、額などの広い部分からのせていきます。
スタンプを押すような感覚でポンポンとタッピング。

小鼻や口角など細かい部分はスポンジを折り曲げて付けます。
スポンジを持っていない方の手でやさしく引き上げながら、丁寧に付けます。

カバーしたいけど厚塗り感はイヤ!簡単プロ肌テクニック

各ゾーンにふさわしい塗り方で仕上げると、必要な部分をしっかりカバーしながら、より自然で立体的な仕上がりが得られます!

◇クマの目立ち

①しっかりカバーゾーン

⇒トントン塗り
シミ、くすみ、毛穴などの肌悩みが多い部位。
ファンデーションを顔全体に塗布したら、トントンとたたき込むように重ねるとカバー力がアップし、きめが整った毛穴の凹凸が目立たない明るい印象に仕上がります。

②適度にカバーゾーン

⇒押さえ塗り
顔全体よりひと回り小さい卵型のゾーン。軽く押さえるようにのばすと、適度なカバー力が出て、フィット感もアップします。

③薄塗りゾーン

⇒すべらせ塗り
フェースラインや額の生え際をごく薄くすることで、厚塗りにみえず、グラデーション効果ですっきりとした印象が得られます。
スポンジや指に残ったファンデーションを、外側に向かってなじませ、首との境が自然になります。