春の乾燥

寒い冬も終わり乾燥も和らいだと思いきや、実は春も乾燥の原因はたくさん。 冬が終わったからといって保湿ケアの手を抜くと、それもまた乾燥肌を悪化させる原因になるので要注意。

◆春の乾燥肌の原因◆

①日中と夜との温度差が大きく、湿度も低いことから乾燥しやすくなる
②新たな環境でストレスが溜まりやすい時期。ホルモンバランスの乱れによって乾燥も悪化
③紫外線量が増加!肌が乾燥しやすくなり、顔がくすみやすくなる

夏なのに乾燥肌?!

◆夏の乾燥肌の原因◆

①汗・皮脂のベタベタで、つい保湿を怠ってしまう…
②汗と同時に肌の水分が一緒に流されてしまう
③紫外線を浴びると肌表面の水分を蒸発させ保湿力を奪ってしまう

蒸し暑く、日差しも強い日。たくさん汗を流すことによって肌の水分や保湿成分が一緒に流れ落ちてしまい、乾燥しやすい肌になってしまいます。
また外に出て紫外線を浴び、室内に入ってエアコンの風にさらされることで汗が乾くとともに、お肌の水分もどんどん蒸発し、皮脂までカラカラ。お肌内部の水分もどんどん乾いていきます。
夏は汗もかくし、皮脂も増えるし、湿度もあるので、「お肌しっとり」…と思いがちですが、それは勘違い。肌表面が皮脂ベタベタなので「自分は脂性肌タイプ」と思っている人が、実は「インナードライ肌=内部乾燥肌」ということは多いんです。冬以上にお肌が乾燥していることも?

どうやって春夏の乾燥肌を乗り越えればいいの?

◆春夏こそ、化粧水+乳液・クリーム

夏だから乳液を使わない、べたべたするから嫌いという方もいらっしゃいますよね。 化粧水で水分を補っても、放っておくと蒸発してしまいます。
乾燥は余分な皮脂の原因にもなります。
しっかり水分を補給したあとは、乳液で水分の蒸散を防ぎ、保湿機能を高めましょう。そしてクリームで上から覆うように水分を閉じ込めることが大事です。 べたつきが気になる方は乳液をコットンでつけたり、さっぱりしたタイプにすると気持ちよく使えますよ 。

◆必ず紫外線対策を行いましょう

冬に比べて紫外線量が増える季節。「ちょっとそこまで」「ちょっと洗濯物を干すだけ」でも毎日の紫外線は蓄積され、乾燥を引き起こし、シミの原因になります。 朝顔を洗ったらすぐ日焼け止めをつけるよう心がけましょう

◆低刺激の化粧品がおすすめ!

ストレスもたまりやすくホルモンバランスが乱れやすいため、香料や防腐剤などお肌の刺激になるようなものが入っていない シンプルな処方になっているものがよいでしょう。保湿機能が高いものがおススメ!

ワンポイントアドバイス

乾燥を引き起こす洗顔方法

◆メイクをきちんと落とすために力を入れてごしごし洗う

パウダーチークはコットンで余分なお粉を取り除いて。
クリームチークやリキッドチークなど液状チークはスポンジで境界線をぼかすようにトントンと軽くたたき込んで。

※上から軽くおしろいを重ねてもOK