肌がべたつく…毛穴が目立つ…原因は何?

太陽がジリジリ暑い時期、肌がべたつくと感じた経験がある方は多いのではないでしょうか。
このべたつきの主な原因は、過剰な皮脂分泌です。
そして皮脂が古い角質と混ざり、毛穴に詰まることで毛穴がザラザラ、黒ずんでみえます。
さらに皮脂が過剰に分泌される為、毛穴が広がり、凸凹が気になるように…。
過剰な皮脂分泌は毛穴悩みの大敵です。
また、皮脂だけでなく、肌のハリを保つコラーゲンの減少、エラスチンの破壊によって「たるみ毛穴」が引き起こされます。

皮脂って悪者…?

皮膚表面には小さな分泌腺が無数にあり、皮脂や汗を分泌しています。
この皮脂や汗が混ざり合い皮脂膜となって、皮膚表面を覆うことで、バリア機能をはたしています。
そのため、皮脂は私たちにとって、なくてはならない「天然のクリーム」なのです。

皮脂を分泌する皮脂腺は、顔のTゾーンやあご、頭、胸、背中に多く分布しています。
べたつきの悩みが出やすい箇所ばかりですよね。
皮脂分泌量は思春期頃から増加し、20歳前後でピークに達した後、減少していきます。

 
 

過剰な皮脂分泌は、肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れ、ニキビ跡、間違ったスキンケアによって引き起こされます。
皮脂汚れが除去できずに毛穴の黒ずむ、皮脂腺が大きくなることで毛穴が広がる…そんな肌悩み、なんとかしたいですよね。

べたつき知らずのつるつる毛穴になるために!

①クレンジングと洗顔の見直し

ゴシゴシと擦り洗い、ブラシでの洗顔、1日に3回以上洗顔、熱めのお湯ですすぐなど…これらの方法は全て皮脂の過剰分泌を促してしまいます。
クレンジングは擦らないようになじませてもよく落ちるものを選びましょう。
洗顔はたっぷりの泡で、泡を転がすように洗いましょう。
すすぎはぬるま湯でしっかりと!

②しっかり保湿

肌が乾燥すると、バリア機能を保とうと、皮脂の分泌が促され、毛穴が閉じにくくなります。
キメを整える、化粧水・乳液・クリームの基本ケアをしっかり行いましょう。
毛穴をキュッと引き締める収れん化粧水も効果的ですよ。

③脂と糖は控える

脂っぽい食べ物と糖分を多く含む食べ物は皮脂の過剰分泌を促してしまいます。食べすぎには注意しましょう。
また、ビタミンB6とビタミンB2は、タンパク質と脂質の代謝を助けてくれるビタミンです。これらは積極的に摂取したいですね。

ワンポイントアドバイス

・良かれと思ってのケアやりすぎに注意!

ケミカルピーリング、スクラブ、毛穴シートパック…どれも毛穴ケアでよく使用されているアイテムですよね。 しかしこれらのアイテム、頻繁に使用しすぎると、皮脂を除去しすぎてしまい、肌が皮膚を守ろうとして皮脂の過剰分泌を促してしまいます! やりすぎには注意が必要です。

・角栓をピンセットで抜く、爪で押し出す…絶対だめ!

毛穴の汚れを取ろうと、思わずやっていませんか? 角栓を取りだす時に傷が付き、毛穴が広がってしまいます。 また、刺激によってメラニンが生成し、ザラザラ感はないのに毛穴が黒ずむ、なんてことに…。