クールタイプ

□ 面長ですっきりした輪郭に
□ きりっとシャープで知的な印象
□ 涼しげで大人っぽい

★基本の入れ方

①ほお紅を入れる起点

鼻先から耳の中央をむすんだ線の中央あたりにブラシをおきます。

②3つのNGラインに注意

①目の中心と同じ高さの生え際と、鼻先をむすんだ線
②口角から伸ばした①と平行の線より下にはぼかさない
③口角より内側にぼかさない

★クール・シャープに見せるテクニック

ほお骨の下側から「ウ」と唇をとがらせたとき、くぼむところを中心に直線的にぼかす
浮かないようにブラウン系の落ち着いた色を選ぶ

◇クールで知的な印象に見せる色

→落ち着いて見えるベージュ系・ローズ系がおすすめです。

【イエローベースタイプなら】

※ゴールドの方が肌なじみが良い方

【ブルーベースタイプなら】

※シルバーの方が肌なじみが良い方

★【全タイプ共通】チークのワンポイントアドバイス

各ゾーンにふさわしい塗り方で仕上げると、必要な部分をしっかりカバーしながら、より自然で立体的な仕上がりが得られます!

形状別チークの特徴

チークがすぐ崩れるなら…Wチークで持ち強化
リキッドチークとパウダーチークのW使いがおすすめ

・パウダーファンデなら

下地⇒リキッドチーク⇒ファンデ⇒パウダーチーク

・リキッドファンでなら

下地⇒ファンデ⇒リキッドチーク⇒パウダーチーク

リキッドチークを仕込んでおくことで密着度が高まり、時間が経っても崩れない美チークに。