ドラッグストア 新卒社員

統括店長

所属 営業部
役職 統括店長
氏名 宮崎 亮
入社年 2010年中途入社

宮崎 亮

質問1統括店長としてのやりがいは何ですか?
より大きな数字を作り上げることが統括店長にはできる!

運営店長との大きな違いは、複数の店舗で自分が企画したことを同時に取り組むことによって、数字が大きく変えられるので、全体に影響を及ぼす結果が出ることだと思います。
1店舗では大したことはなくても、これが3店舗ともなってくるととても大きな数字となり、周りからも注目され、それがモチベーションとなり、どんどん新しい取り組みを行いたくなります。

もちろん失敗した時は、逆に大きなダメージを受けますが、会社全体がどんどん新しいことに挑戦していけ!という風土なので、失敗を恐れずにチャレンジすることができます。

質問2理想とする店舗は?その為に取り組んでいることは?
またこの店に来たいと思ってもらえる店づくり

ドラッグストアの形態も近年大きく変化しており、医薬品だけでなく日用雑貨や食品、日配品も取り扱うようになっています。 それに伴い、今までスーパーに買い物に行かなければならなかったものが、ドラッグストアで日常の全てのの買い物が済ませられるようになってきています。

ドラッグ業界は、ドラッグストアだけが競合相手ではなく、スーパーやコンビニとの戦いに入ってきています。 ドラッグストアならではの、お客様に寄り添った接客で差別化を図り、且つスーパーやコンビニに負けないように新しい商品を取り入れることが必要となります。

「これを広げたらもっと売れるんじゃない?」というパートさんの意見を反映したりしています。
ドラッグストアの利点とスーパー・コンビニの利点、両方を兼ね備えた、お客様にとっても最も便利で安心なドラッグストアを作り上げていきたいです。

質問3V・drugに転職して良かったこと
新卒・中途を分け隔てなく活躍の場を与えてくれる会社

私自身が全く異業種からの転職でのV・drugに入社した時点で、医薬品の知識も全くないところからのスタートでした。 中途社員研修や、登録販売者になるための勉強会など中途社員に対しても教育のバックアップ体制が非常に充実しており、とても驚きました。

この充実した研修があったおかげで、業界未経験の私でも現在統括店長という重要な職位をやらせてもらうことができています。 私だけでなく、会社の中で中途入社で活躍している人も非常に多く、本当に風通しのよい会社です。

質問4会社全体の雰囲気を教えて下さい!(統括店長が中心になって取り組んでいること)
失敗を恐れずに、常に前進していくこと

失敗したこと自体を咎められることはありません。 なぜ失敗したかを考え、それを次にどうやって繋げていくか。 その繰り返しで、少しずつでも確実に歩みをすすめていこうという風土です。

私自身も日々失敗の繰り返しですが、なぜ失敗したのか、次はどうすれば成功させることができるのかを常に考えています。 失敗だけで終わらせてしまったときには、上司から咎められます。 日常の作業ひとつも教育ツールとなり、上司が見ていてくれたことを実感します。

現在、会社・店舗ではアドバンス運動に取り組んでいます。これは、何をしたらお客様により喜んでいただけるか、これを社員、パートさん関係なく、現場の状況を捉え、自主的に考えたことを実施していくという運動です。 まさしく、この取り組みが、V・drugという会社や店舗の雰囲気をそのまま現していると思います。

■ある1日の行動
時間 内容
12:00 昼礼 前日までの数値、本日の売上目標等確認、指示事項、売場状況の確認
12:30 開店
13:00 現場で従業員OJT
14:00 作業状況の確認
15:00 休憩
16:00 統括エリア店舗へ移動
17:00 指示事項の進捗状況確認
18:00 現場で従業員OJT 売場状態の回復
20:00 閉店前の売場状況確認 翌日準備
21:00 閉店作業後、施錠し退社

このページのトップへ