スタッフ紹介
Staff Introduction
ストアスタッフ(男性) 水野 滉輔 (2016年入社)
Q.現在、どのような業務をしていますか?
主な業務としては、カウンセリング,品出し,商品発注などがありますが、入社以来、最も力を入れているのは”売場作成”です。 お店を開ける以上は、”お客様の期待に応える”ことが大切です。季節によってお客様が欲する商品は変わってきます。過去のデータを参考にしたり、近年の流行を押えることで、お客様の求めている商品の把握をし、目立つ場所で展開することで”需要と供給が一致”します。その結果、『ココに来たら欲しいものが揃う!』と信頼されるお店へとなっていきます。 市場調査などの情報収集やデータ分析などからの流行の先読み,商品発注数の調整、その後の売場作成など、頭も体力も使いますが、売上など店舗の数字を大きく動かすことができます。時には失敗することもありますが…、店舗の数字に大きく携わる仕事が出来る為、とても「やりがい」を感じています。
Q.入社して1年、つらかったことや悔しかったことは何ですか?
入社して以来、”医薬品のカウンセリングにはずっと苦戦”しています。登録販売者資格取得後も”試験勉強と実際のカウンセリングは全く違い”医薬品についての対応は上司や登録販売者のパートさんに頼ってばかりでした。中部薬品には新入社員向け販売コンクールがいくつか有ります。それらコンクールの際にも、医薬品についての経験,知識の乏しさから、医薬品のカウンセリングや医薬品以外のアドバイスが出来なかったりと、困っているお客様のサポートができず、何度も悔しい思いをしました。この悔しさをバネに現在は、上司や登録販売者のパートさんにカウンセリングを任せて終わりではなく、付いて行き隣で聞くことで、カウンセリングを含む「対応力」を付け、悩んでいるお客様に積極的に声をかけることで経験を積むようにしています。 毎日が勉強ですが1日も早く立派なカウンセラーになれるよう日々精進しています。
ストアスタッフ(女性) 松本 瑞穂 (2017年入社)
Q.現在、どのような業務をしていますか?
商品の発注や売場作りなど、店舗運営が基本業務です。欠品している商品が無いか?レジに人は並んでいないか?など”店舗の状況を意識”しながら日々業務に励んでいます。私が一番大切にしていることは、「どんなに忙しくても笑顔でお客様と接する」ことです。入社した当初は、忙しくなってくるとレジ業務や商品補充業務に追われてしまい、お客様を意識できなくなっていました。そんな時、同じ状況下に居るのに、お客様と笑顔で接客している先輩社員を始めとする他の従業員の姿を見て、自分は”周りが見えていなかった”こと”笑顔ができていない”ことに気が付きました。それからは常に笑顔を意識しながら、お客様とすれ違ったら挨拶!や積極的にお声掛け!をするなど、「お客様を常に意識しながら笑顔で接客」をするようになりました。最近では「松本さん!」と名前を呼んでいただける機会も増えこの仕事に”やりがい”を感じています!
Q.入社して1年!同期との関わりは?
同期とは、「些細なことで笑い合いあったり、小さな悩みでも真剣に受け止めて話し合ったり、違うことは違うと言い合える」”かけがえのない存在”です。同じタイミングで入社している為、同じような悩みを抱えています。その為、本当に悩んだ時に頼りになるのは”同期”だと私は思います。仕事が始まると忙しくて、同期と集まる機会が少ないのですが、月一回の新人研修では、同期の皆が集まります。その時ばかりは皆、ここぞとばかりに相談し始めます。仕事は楽しいことだけではありません。上手くいかないことや辛いことも沢山あります。そんな時に同期へ相談すると、環境が一緒だからこそ「共感してもらえたり」、的確な「アドバイスがもらえたり」と、皆同じようなことで悩んでいることが分かります。「私一人だけじゃない!」「皆、頑張っているんだ!」と感じることで、”心から頑張ろう”といつも思わせてもらっています。
店長(男性) 水谷 翔 (2009年入社)
Q.スタッフから店長になって変わったことは?
店長としての役職を頂いてからは視野が拡がったように感じました。スタッフであった時も責任者としての務めを果たそうと努力をしておりましたが、頼りになる上司がおりましたので有事の際には最後の詰めが甘くなってしまう事がありました。やはり心のどこかで甘えがあったように感じます。店舗は一人で運営していくことはできません。”店舗で働く皆さんの力添え”があって初めて運営ができます。入社されてから店長を目指される方はそこを忘れないでいて欲しいと思います。”一歩引いた立場で物事を捉えるようになった”からこそ、視野を拡げる事ができたのだと感じます。スタッフ時代は自分のスキルをひたすらに磨くことに注力して参りましたが、店長になればそのスキルを従業員や次世代を担う社員へ受け継いで行かなければなりません。今はその為と自身の更なる成長の為に日々業務に励んでおります。
Q.登録販売者の資格取得、薬の販売は大変ですか?
登録販売者の資格取得に関しては、会社のサポート体制が年を追うごとに充実してきましたので、以前よりは取得し易くなったのではないかと思います。ただし、資格試験ですので個人で相応の勉強は勿論必要です。勉強法のおすすめとしては、過去問題を繰り返し解いて間違えたところを書いて覚えていくことですそれにより各章の出題傾向を把握する事ができますので正答率が上がります。薬の販売に関しては、最初は戸惑う事が多くありました。登録販売者の勉強は商品知識ではなく”成分名や作用の暗記”が殆どであった為、お客様にどの商品を提案すれば良いのか、また販売した薬で大事があってはどうしようかと思い躊躇する事もありました。しかしカウンセリングの回数を重ねていくうちに、症状に合わせた商品の提案ができるようになりました。来店されたお客様へ『何かお探しですか?』と積極的に声をかけると自信へ繋がると思います。
店長(女性) 平野 未来 (2014年入社)
Q.スタッフから店長になって目線が変わったことは?
スタッフの頃は、何か問題が起きても何かと店長に頼って人任せにしている部分がありました。 振り返ってみると、責任感という部分について欠けていたように思います。また、周りを省みずにただひたすらに突っ走ってきましたが、それでは周りが付いてこないことに気が付きました。 店長という立場になった今思う事は、店舗で起こった事は長である店長の責任であるということです。 責任があるからこそ、自分が置かれている状況に対して”一呼吸置き冷静になって判断する”ことが大事だと意識を改め、業務に勤めています。
Q.現在、力を入れて取り組んでいることを教えてください
店長の仕事は、「人,物,金,情報」の管理だと言われています。その中でも特に「人」に注力しています。日々の業務を円滑に進める為には、”コミュニケーションを取ることが1番大事”だと思います。 店舗で働く従業員と常にコミュニケーションを取るように心がけています。それを心がけ、実践することで信頼関係が生まれ、仕事のモチベーションアップにも繋がります。 色々な店舗を見てきましたが、本部からの指示事項や発注業務、売場の管理,作成など、日々の業務をしていく中で、コミュニケーションを取るのと取らないのでは、業務の進捗や売場の完成度などに大きな差がでてきます。こうした差を実感する経験がありますし、経験をしたことで”本当に大切なこと”なんだと改めて思いました。店長の力量次第で従業員や店舗の色が変わってくるので、そこが店舗運営のおもしろさかなと思っています。
若手社員の一日
8:30 出勤・開店準備・朝礼
9:00 開店・商品補充・売場チェック
10:00 レジ業務
11:00 レジ業務
12:00 昼休憩
13:00 売場メンテナンス・売場作成
14:00 売場作成
15:00 店長と商品発注打合せ・商品発注
16:00 商品発注
17:00 翌日の業務確認・前出し業務
17:30 退社