薬局により閉局時間は18時頃から20時までと異なりますが、V・drug全薬局では、遅くても20時までの営業です。 ドラッグ併設型で働く薬剤師も、20時までには帰宅して「体調管理」、または、「自己研鑚」などに充てています。ミスは許されない仕事ですので、薬剤師の休養も重要視しています。