社員紹介

患者さまの症状に耳を傾け
最適なOTCをご提案

私は、実習でお会いした河村指導薬局長からOTCに対する熱い思いをうかがいました。OTCに関心があった私としては、河村指導薬局長が憧れの存在になり、ぜひ一緒に働きたいと思い、入社。現在は、ドラッグストア併設型の薬局で、主に調剤業務を受け持ちながら、大好きなOTCのご相談にも応じています。
実はV・drugではOTC研修が1年目に受けられるので、多くの知識を補完できます。覚えたことはすぐにドラッグストアの店頭で役に立ち、何度も患者さまにOTCをご提案してきました。医療用医薬品は基本的には医師が処方する薬を決めますが、風邪薬ひとつを例に挙げても多くの種類のあるOTCは、患者さまが選ぶのに苦労されますので、薬剤師が症状に耳を傾け、薬をセレクト。普段飲まれている薬についてもお聞きし、併用禁忌にも注意します。数ある薬から最適なものを選ぶ際には大きな責任が生じますから、日頃から成分や薬効については知識を向上させていくよう努めなければなりません。

かかりつけ薬剤師になって
患者さまに寄り添いたい

OTCを買われた患者さまが「症状が改善しました。ありがとう」とお礼を言いに来られることがたびたびあるんです。その時患者さまは、いつも満面の笑み。元気な様子を拝見すると、この仕事を選んでよかったと思います。このほかにも、患者さまの表情が変わる瞬間があります。それは、医師が薬を処方した意図を私が説明し、ご納得いただけた時です。また、私は漢方にも興味があり、体調によって味の変化が生じることをお伝えすると、患者さまは新しい発見をされた様子で驚かれます。薬の価値や特徴をお知らせすると、患者さまは服用の重要性をご理解してくださるので、これからも伝えていきたいです。
2016年、認定薬剤師となり、目標とするかかりつけ薬剤師に大きく前進しました。少しでも早くかかりつけ薬剤師としてご指名をいただき、常に患者さまに寄り添える存在になりたいです。また、コスメやアロマの資格も持っているので、健康や美について総合的にアドバイスできるアドバイザーもめざします。

offshot

海外旅行は、一番のリフレッシュに

1日中キッチンに立って料理に没頭する日もあれば、カフェで友人と何時間も過ごすなど、休日の過ごし方はさまざまです。とりわけ一番のリフレッシュ方法は海外旅行。2016年の夏は、2連休を使って、韓国へ行ってきました。大好きな韓国には友人がいるので、1泊2日の予定でもフラリと行ってしまいます。2015年は韓国に3回、台湾に1回行きました。社会人になってこれほど海外旅行ができるとは思っていませんでしたが、V・drugならできてしまうんですね。

新卒採用エントリー