薬剤師 中途社員 ビジョンとキャリアステップ

求める人物像

求める人物像 薬事部 部長 佐口弥 自分の成長を楽しめる人材

薬事法改正以降、医療を取り巻く環境は劇的に変化しています。企業として、いかなる環境にあっても消費者のニーズをとらえ、消費者から支持される企業を目指していかねばなりません。そのために我々は『創造』『先取り』『挑戦』の姿勢で、今までの調剤薬局に無かった患者ケア及びサービスを追及して参ります。患者様へのサービス向上に繋がる様々な調剤機器及び監査機器の導入や、患者様の待ち時間に対するストレスを軽減するための仕組みなど、理想とする環境をこれからも追求して参ります。そのためには、志を同じくして働ける仲間や人材が必要です。だから、我々は同じ価値観を共有するためのコミュニケーションや教育などを大切にしています。これからも、従業員と会社が一緒に成長していける企業を目指して参ります。
我々の会社では調剤事業を始め、薬剤師の教育に力を入れ取組んでおります。その当社が求める人材の要素(求める薬剤師像)とは何か?3つほど列挙してみます。

第一に、素直な感受性をもっている事。

患者様の何気ない一言に気付き、行動に移せる従業員は、「ありがとう」という言葉をたくさん頂いています。特に人間的な心温まるサービスを提供する従業員は、人間的感性を根底に行動しています。

第二に、「ありがとう」の言葉を糧に勉強できる事。

患者様から薬剤師として頼られ、「ありがとう」と言われる事が嬉しいから勉強する従業員は、自発的に勉強し目覚しい成長を遂げています。

第三に、自分の成長を喜べる事。

薬剤師や人として成長していく自分を素直に喜べる従業員はいつも前向きです。たとえ壁にぶち当たっても、たとえ薬剤師業務に直接関わらない業務に就いたとしても、自分が成長するため(喜びを得るため)と思って決して諦めません。

以上、求める人物像について紹介を致しましたが、その要素が無いからといって我々が求めていない訳ではありません。我々と一緒になって、これから身に付けていけばよいと思っています。つまり、「自分の成長を楽しめる要素」さえあれば大丈夫です。これからも、我々は人を育てる企業として成長していきたいと考えています。

このページのトップへ