薬剤師 中途社員 仕事紹介

薬局長

江本 功一(2008年 北陸大学 薬学部卒 卒業)

患者様第一主義で地域一番の薬局を目指す!
私は今勤めている薬局が新規オープンすると同時に初めて薬局長を任せて頂きました。当初、薬局の責任者として地域の方々から必要とされる薬局づくりが自分にできるのか、色々な不安を抱えながらのスタートでした。「すべては患者様のために」を自分のモットーとし、薬局を利用して頂く患者様に感謝の気持ちで接し、お薬を通して自分に今出来ることは何かを常に考えながら業務に当たっています。
私が仕事でやりがいに感じることは、患者様が自分の薬局をかかりつけ薬局として利用して頂ける事です。そこには薬局として、一人の薬剤師として信頼・信用がないとかかりつけ薬局としての利用には繋がりません。薬剤師ですので、しっかりと薬の勉強をする事は言うまでもなく、患者様が安心してお薬を任せて頂けるように薬局の管理をしっかりと行い、患者様目線に立ったお薬の説明、患者様第一の接客対応を常に心掛け、一人でも多くの患者様が中部薬品の薬局を利用して頂けるように心がけています。
また、薬局長として、一人の薬剤師としての業務以外にも薬局の運営管理も任されています。患者様によりよい薬局サービスを提供する上で土台となる薬局の管理はとても重要です。医薬分業の進展に伴い薬局数は大きく伸び、今は患者様が薬局を選ぶ時代です。薬を安全で正確かつ効率的に調剤できるように在庫薬品を適正に管理し、また、従業員が気持ちよく患者様と話が出来るような職場環境を作る事も大切です。
薬局の管理、土台をしっかりと築き、常に患者様第一、患者様目線に立った服薬指導、接客対応を心がけ、地域の方々から信頼・必要として頂ける薬局作りを目指して日々業務にあたっています。

薬局長

谷口 彩子(2003年 東邦大学 薬学部 卒業)

それぞれの個性を大切に
入社してしばらく本部の近くの薬局に半年ほど勤務しました。その後地元で薬局を立ち上げました。その頃は、薬の知識を覚えることに没頭していた時期でしたが、知識だけが患者様を喜ばせるものではないと気づきはじめました。
薬剤師として一番大切なことは何か?初めは薬や病気に対する知識を詰め込むことに意識が向きがちです。でも一番大切なのは患者様を大切に思う気持ちであると次なる課題が自分に見えてきました。多少知識がなくとも調べればわかることは多いのです。常に患者様を優先して考える。スタッフには、個々の個性を活かしながらひとりひとりを指導しています。最優先が患者様だと全員が認識していれば、仕事で迷うことも少ないはずだと確信しています。

母性で人を育てる薬局長
初めての子どもを出産し母親になりました。子どもを生んで初めて経験することも多く、母親になって、患者様との距離が以前よりも近くなった気がします。それは薬剤師として患者様の背景を考えながら仕事をできるようになり、自分の経験が視野を広げ、相手の身になって考えることができるようになったと感じます。
仕事と育児の両立は想像以上に大変です。制度を利用して半年ほどの休暇を取りました。産休・育休の制度を含め、復帰後も事前に稼動計画を作成するので、休日も計画的に取れて助かっています。息子が将来大きくなったときに自分の仕事ぶりを見てもらい、母親以外の顔も見せられるようにしたいと思っています。
現在は自分の気持ちの中では子育てが最優先です。しかし患者様と接したり、スタッフで和気あいあいと仕事ができるこの薬局の仕事が大好きです。先日も患者さまから感謝の手紙を頂きました。日々頑張っていることが認められたようで本当にうれしかったです。薬局長としてキャリアを積み、薬剤師を育てることが自分の強みにしていきたいと思っています。

このページのトップへ