ドラッグストア 中途社員

エリアトレーナー

所属 営業部
役職 エリアトレーナー
氏名 稲垣 佳苗
入社年 2008年入社

稲垣 佳苗

質問1現在の仕事を教えてください
仕事で自分磨き

毎月のエリア勉強会を開催することは自分自身に磨きをかけることです。

ビューティアドバイザーとヘルスケアアドバイザーの夫々の人たちがやる気になってくれる情報をどのように伝えていけば良いのか工夫を凝らします。 店舗スタッフの時との大きな違いは、知識を得たということだけではダメで、人にわかりやすく説明することはできないといけないということです。それには自分自身が理解し納得しなければ、人にわかりやすく伝えることはできません。

立ち居振る舞い、メイク技術、話法などカウンセリング販売を指導するものとして、自分に磨きをかけている段階です。
楽しいことばかりでなく、つらいこともあります。そんな時は、同じ立場のエリアトレーナーとよく仕事の話をします。真剣に仕事の話を語り合える仲間が支えとなって、やり切ることができ達成感を得られています。

質問2自身は店舗勤務時はどのようなカウンセラーであったと思いますか?
マルチに活躍する場を楽しむ

医薬品・健康食品のカウンセラー制度ができ、登録販売者資格を有するヘルスケアアドバイザーが全店で健康測定会を定期的に行っています。私の志望動機でもある「病気にならない手助け」が、ドラッグストアを利用するお客様に伝えることができています。そのためにも、お客様の話に耳を傾け、自信を持って商品を提案し、買っていただけるよう、医薬品・健康食品の知識を深めることに手を抜くことはできないと思っています。

知識だけでなく化粧品のメイクアップ技術など自分自身のレベルを上げることで活動の範囲がどんどん広がっていきました。マルチカウンセラーとして人と接する仕事を通じ、色々な方と知り合うことができたことが貴重な経験となっています。

質問3現在、力を入れて取り組んでいることを教えてください
チームワークに無限の可能性を感じる

カウンセラーが電話口で、「販売出来ました!」「予約が1つ取れました!」と報告してくれることが私の1番の喜びです。 ベテランカウンセラーからの報告も嬉しいのですが、新人カウンセラーからの報告があった時には「教えて良かった・・・。」という気持ちになります。

勉強会などでエリアのメンバーで情報を共有することで、全員が一緒になって喜びを分かち合っています。
私ひとりの力には限界がありますが、ベテランカウンセラーの豊富な知識や経験を活かし、全員で目標を共有し、結果が伴い達成したときの喜びが次へのステップに繋がります。

チームワークを高めながら仕事をすることに現在力を注いでいます。

質問4ATの仕事の醍醐味をおしえてください
エリアトレーナーは、人の成長が間近で見られる仕事

「私のファンをたくさん作る!」をモットーに、売りたい商品ではなくお客様に合った商品を提案する事を心がけ、お客様がいつでも相談出来るカウンセラーを目指して活動をしていました。

エリアトレーナーとなり、担当地区の医薬品・化粧品・健康食品を販売するカウンセラーを教育し、私と同じ思いを持ったカウンセラーを増やすことを目標に取り組みんでいます。
そのためコミュニケーションを積極的に図り、お互いの信頼関係を築くこと。接客しやすい環境を店長たちと作ること。メンバーの力を引き出し成功事例など情報共有をすること。私自身も背中を見せながら販売し、地区のカウンセラーの能力を最大限に発揮出来るよう力を入れています。

カウンセラーの成長を間近で見られるのがエリアトレーナーの仕事の醍醐味です!!

■ある1日の行動
時間 内容
10:00 出勤 前日までの数字確認
11:00 お手入れ会参加
12:00
13:00 休憩、カウンセラーと一緒に食事
14:00 店舗へフォロー電話
15:00 移動(次の店舗へ)
16:00 店舗臨店(OJT)
17:00 店舗臨店(OJT)
18:00 当日数字確認、明日の行動の確認
19:00 退社

このページのトップへ