ドラッグストア 中途社員

店舗スタッフ(男性)

所属 営業部
役職 スタッフ
氏名 伊藤勇太朗
入社年 2012年入社

伊藤 勇太朗

質問1入社の動機を教えてください
人と携わりながら成長したい!

・人と携わりながら成長できる。
・自分の努力で道が開ける。

入社する前、この2つをV・drugから感じる事ができ、自分の努力で道が開けると感じた事は私にとって、とても大きな決めてになりました。自分の努力が形になって現れにくいと自信がなくなり、成長できなくなってしまい、そういった会社では自分が活きなくなってしまうと思っているからです。

会社の中での人との携わりでは、従業員、同期、上司、お客様と様々あります。
私はこの4つ全て重視しており、4つとも距離が離れてはいけないと思います。説明会を聞いている中で教育体制、カウンセリング体制など、人との携わりを重視している事を感じました。このような事も入社を決めることとなりました。

質問2会社・店舗の雰囲気を教えてください
相談しやすい環境・挑戦させてもらえる環境がある会社

入社し、2週間の本部での研修を経て、店舗に配属になりました。
不安も多くありましたが、店長はもちろん、その上の統括店長、エリアマネージャーとも本音で相談し合える環境があり、困った事があってもすぐに相談できました。精神的な面で働きやすいと感じています。

それとチャンスを多く与えてもらえる事も良いと思います。
店舗では、統括店長がどんどん挑戦して良いという事を言ってくれます。状況をみてマネージャーが挑戦できる環境を整えてくれます。もちろん自分自身の挑戦する意志と努力してこそですが、それが形になると次のやる気になります。

プレッシャーに感じる事もありますが、緊張感がないと良い仕事も出来ないと思います。このような環境があることは、確実にプラスに自分の成長になると思います。

質問3仕事の中でのやりがいを教えてください
自分で見つけ出すもの

入社して1年半は、お客様との会話を通じて医薬品や健康食品を販売する、またお客様に足を止めていただける売場を作成するということでやりがいを感じていました。 現在は、店舗全体の数値、その数字を見ながら、売場をみて働いています。 なかなか上手くいかない時もありますが、1つ1つの経験が自分の成長となる。そんな経験をこんな早い段階でできることに感謝しながら仕事をしています。

入社前に重要視していた、自分の努力で道が開けるという事を再認識しました。
やりがいという言葉は漠然としています。ひとりひとり思い描くやりがいは違うものだと思います。だからこそ、やりがいは自分で見つけるものだと私は思います。店舗全体をみて運営するということが今の私には壁となって立ちはだかっています。早くこの壁を突破し新たなやりがいを見つけたいと思っています。

質問4就職活動中の学生にメッセージをお願いします
自分がどうなりたいか

私の場合、人と携わりながら成長したいという事を考えて就職活動していました。
こうなりたいというビジョンを頭で考え逆算していく事は大切だと思います。そして理想の会社に入社したいと考える人は多いと思います。よく言われますが、入社がゴールではありません。入社してからがスタートであり勝負の始まりです。すべてにおいて当てはまると思いますが、どの企業でも置かれた環境の中で自分がどうしていくかだと思います。どう自分を活かしていくかで理想に近づくと思います。

就職活動中の皆さんには、自分がどうなりたいか、どう生きるかを考えて企業説明会を聞いて欲しいと思います。きっと自分に合った会社が見えてくると思います。

■ある1日の行動
時間 内容
9:30 出勤 開店準備 数値把握
10:00 開店 売場チェック
11:00 売場メンテナンス・カウンセリング
12:00 売場メンテナンス・カウンセリング
13:00 休憩
14:00 売場作成
14:30 売場作成
15:00 発注業務 パートさんとの打ち合わせ
17:30 翌日の業務確認 日別稼動作成
18:30 退社

このページのトップへ